なみのカケラ

ポートレートとコスプレと音楽


Category :  CDレビュー
tags :  六弦アリス

メジャーレーベルではなく、同人音楽

ジャケットからわかるように、ゴシック音楽
ゴシック音楽の定義はよく分からないけど、有名どころだとAliProjectとか妖精帝國とか
ただ、プロモーションが無ければ、普通のロック系の分類されてしまいそうな危険な分類かもw

それでも六弦アリスは個性色を出せている
オリエンタル風な曲調とギターサウンド

Tr1:新興宗教からTr7:純心セイレーン まで一気にディストーションギター中心のロックでTr8:偽善の調べ を切り替え曲として教っぽい詠唱が入って、Tr9:浅い眠り で一転してバラード
一呼吸置いて、再度ロック系
Tr10:犠牲者たちの夜 は前半ほどの激しさはないけど色を出しつつ基本に忠実と言った感じ
その後は、スローテンポな曲で閉める
どちらかと言うと、Tr12:ワルキューレの詩 が一番六弦アリスの曲なのではと思ってしまったり

全体を通して、ギターサウンド中心なので体調によっては聴けたり・聴けなかったりするアルバム
過去のアルバムもこんな感じだったかをよく覚えていないので、あとで聴いてみようと思う

[雑記]
写真ネタが尽きましたw
過去分の問い合わせでもしてみるかな…
関連記事
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://soramimijp.blog28.fc2.com/tb.php/45-5411864b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)